LIFE(仮題).

つれづれ……だったらいいのになぁ。

趣味だからねぇ。

読書メーター」のまとめばっかりだと、このブログの記事が激減することが明白になりまして(笑)。
じっくりした感想なんかは、やはりこっちで書くべきであろうと思った次第。
というわけで、これ。

3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)


ついに、物語は大きくうねり始めました。
「中学生プロ」なのに、「タイトル」や「昇級」に執着心を見せなかった(あるいは、現実味を感じていなかった)桐山君。ですが、研究会に参加し、A級棋士の思考に揉まれ、タイトル戦の舞台を肌で感じ……。
学校生活とも、日常(?)生活ともリンクし合って、少しずつでもいきなりでも、降りかかるモノを乗り越えていくのでしょう。
それにしても、桐山君以上に香子さんに不安を感じる今日この頃。そして、各登場人物が何歳に設定されているのかがわからなくなってきた今日この頃……。


ところで、わたしの最も好きな登場人物はあっと言う間に島田八段になってしまいました。案の定です。人間は毛量ではありません。あ、あと胃袋の丈夫さでもありませんよ(笑)。