LIFE(仮題).

つれづれ……だったらいいのになぁ。

休み中にあれこれと。

確保してました。

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)


なんだかんだ言って連載も読んでいるんですが、単行本になると怒濤のように面白さ(っていうか凄さっていうか)が襲ってくる第3巻です。
「一人じゃどうにもならなくなったら、誰かに頼れ。−でないと、実は、誰もお前にも頼れないんだ」っていう台詞がありますが、これを見守る人が言いたくなる、そしてちゃんと受け止められる桐山くんはいい男子だなぁ……と思うわけです。ああ、どうやって成長していくんだろうというのを見守る、その芯がむちゃくちゃしっかりしている作品だなぁ、と。
そして、今回もときめく二海堂くん……と、兄者!! ステキ!
のだめカンタービレ(22) (講談社コミックスキス)

のだめカンタービレ(22) (講談社コミックスキス)


さぁ、クライマックスに向けて盛り上がってきましたねぇ……!
上で「桐山くんはいい男子」と書きましたが、その対極が千秋くん*1だよなぁ、と思うわけです。本当の問題点が自分の内部にあることになかなか思いが至らない、という*2
まぁ、千秋くんに気付けっていう方が難しいんでしょうけどね。


とかなんとか言いながら、どっちのタイプも広い心で受け止めるわけですよ。わたしが受け止めたからどうっていうことはないですけど(笑)。


あ、そうそう、ついついコレにも手を出しちゃいました。まだ序盤ですが、さて今後ガッツリと進められるのか……。ドラゴンクエストIX 星空の守り人

*1:と、最近の愛読マンガで言うなら『おおきく振りかぶって』の阿部くん

*2:まぁ、桐山くんは桐山くんでネガティヴと一本気が同居しすぎなわけですが。